女性の薄毛の最大の原因について

女性の薄毛を生じさせる原因にはいろいろな物がありますが、最も大きいのは「加齢」です。

食事や生活習慣などに問題はなく、健康的な生活を送ってきた女性であっても、薄毛に悩むというケースは多々あります。

その原因の大半は、加齢です。

加齢そのものは誰にでも起こりますし、止めることもできません。

しかし、それ自体が薄毛の原因になってしまうのです。

一般的に、更年期の前後辺りに薄毛が気になってくるというケースが多く見られます。

特に、閉経後は「髪が細くなる」「休止期に入る毛根が増加し、髪の密度が低下してくる」という傾向があります。

また、髪が細くなることで、地肌が見えやすくなってしまうこともあります。

では、なぜ加齢により女性は薄毛になるのかというと、女性ホルモンの「エストロゲン」の減少が原因です。

毛包には、「ER-β」というエストロゲンレセプターが存在し、毛周期における重要な役を担っています。

つまり、エストロゲンが頭髪の成長期を維持し、成長期にある頭髪を増加させるのです。

こういった働きがあるため、エストロゲンは欠かせない物なのですが、それが減少すると薄毛が発症しやすいということです。

また、加齢以外にもストレスなどでエストロゲンは減ってしまうことがあり、結果として薄毛が発症することもあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。